We are making development and sale of sale of HIACE amd maintenance and reconstruction, and T-REV.

TERAMOTOブログ

記事検索
バックナンバー
カレンダー

ZRX?1100T?REV取り付け

Category:【T-REV フィッティング
2012-01-30 10:15
Edit By:TERA
最近の大阪は冬でもバイクに乗っている人をよく見かけます。




最近のライディングジャンバーやインナーは暖かいものが多いんでしょうね。




僕は冬海に入るよりも冬バイクに乗るほうが寒いです。。




ども、寺本幸司です。




そんな寒い中昨日もZRX?1100で来店して頂きました。





T-REV





T?REVの取り付けだったのですが、バイクの右側の見た目にこだわりたいのでカッコよく取り付けてほしいとのリクエストでした。




で、取り付けたのがこんな感じ。





T-REV





フィラーキャップとクランクケース側の2系統からブローバイGasを抜いてT?REVを通ってからエアクリーナーに戻っています。





ZRX-1100





なかなかGood lookingだと思うのですが☆




しいて言うならば黒いホースはオイルクーラーみたいに「ホースエンド」で取り付けたいですよね。




しかしそんなT?REV周辺パーツも現在開発中で春にはリリース予定です!!




春にリリース予定の新商品を少しご紹介♪





T-REV





赤○のホースバンドは珍しい「ブラックホースバンド」




黒メッキ加工を施したあとに特殊なコーティングをすることによって艶のある黒いホースバンドを開発しました。




塗装などではないので色落ちなどはあり得ません。




材質はもちろんステンレス☆




もう一つは緑○のメッシュホース。




よくオイルクーラーなどに使われるホースとして有名ですね。




今回は、




「ブラックメッシュ」




「シルバーメッシュ」




「レッドメッシュ」




を用意しました♪




ちゃんとステンレスメッシュホースなんでオイルラインなどの耐圧ホースとしても使用できます。




只今T?REVをカッコよく取り付ける周辺パーツを随時開発中です。




春にはリリース予定なのでお楽しみに♪




TERA


HARLEY T-REVテスト

Category:【T-REV
2012-01-29 13:01
Edit By:TERA
そういえば最近全く風邪をひいていません。




って言うか最後風邪ひいたのって何年前やろ??




すこぶる健康です。




ども、寺本幸司です。




今の冬シーズンは毎日商品開発を行っています。




春にはリリースしたいですからね。




バイクパーツがメインですが、一応ハイエース屋さんなので(笑)ハイエースのパーツも開発しております。




ハイエースのNEWパーツに関しても近日ブログにて公開します♪




さて本日のブログネタは、またまたバイクです。




今回はT-REVをHARLEYに装着してのテスト。




去年各地で行った「T-REV無料体感イベント」などでよく、




「HARLEYにも装着できますか??」




なんて、よく質問されました。




でっ、実際に取り付けた方もいらっしゃいます。




感想は、「極低回転からのツキがいい♪」




「エンジン振動が減った♪♪」




「スムーズで乗りやすくなった♪♪♪」




僕たちの考えではHARLEYみたいなドライサンプエンジンシステムを採用しているエンジンはT-REVの減圧効果は少ないと考えていました。




ドライサンプエンジンの構造を説明すると相当長くなるので割愛させて頂きます。。




気になる方は「ドライサンプエンジン構造」で調べてください(笑)




前置きが長くなりましたが、そんな経緯のなかでT-REVをHARLEYに取り付けるKITの開発をスタートさせました。




でも、一度もHARLEYに乗ったことのない僕はまずSTD状態を試乗することからスタート。




思ってたよりも乗りやすくてビックリしましたね!!




あの独特の3拍子エンジンサウンドを聞いてると、「相当ギクシャクするんやろーな」って思ってたけど意外とスムーズ。




エンジンブレーキもそんなに強烈でもない。




しかしやはりエンジン振動はハンパなくマッサージチェアに座ってるみたい(笑)




一通りチェックして次はT-REVを装着してテスト。





T-REV





まず始めに感じたことは「セルが軽くなってエンジン始動性が上がった!!」




そして確かにエンジンからの振動が減った!!




走り出すとクラッチを繋いだ瞬間の極低回転からのスタートが軽くなってスムーズになりました。




ドンドン加速して高回転になるとノーマルとさほど差は感じなかったですが、ストップ&ゴーなどが多い街中ではこのスムーズさは気持ち良かった♪




シフトダウン時のエンジンブレーキもクラッチを繋いだ瞬間のショックは軽減されてクラッチ操作が楽でしたね。





T-REV





他のHALREYにも同じ効果があるのかテストしてみたいと思いますが今回のテストした883Rには効果はありましたね。




クランクケース内圧測定してもノーマルが+0.5kg?+1Kgに対してT-REV装着後は?0.7Kg??1Kgなので数字的にも効果はありますね。




しかし、ドライサンプエンジンなんで高回転域はやはりT-REV効果は少ないようです。




まぁ、HARLEYに乗る人はそんなにブンブン回わさないので(勝手なイメージですスイマセン)これはこれでありなのかな??





T-REV





今回は883Rへの取り付けKITを開発してますが、これからもテストを続けて行きたいと思います。




現時点でこのKITを販売するには価格が高い!!!




なんで次の課題はコストダウンですね・・・・。




TERA


V-MAX 2008? T-REV取り付け

Category:【T-REV フィッティング
2012-01-28 14:01
Edit By:おおにし

問い合わせは多いが僕らの手で取り付ける機会がなかなかできなかった車両があります。



V-MAX 2008?




V-MAX



メールや電話でたくさんの問い合わせを頂くのですが、なかなか取り付ける機会がなく的確なアドバイスをする為に取り付けてみたいな。と言って矢先に取り付ける機会を設けれました。




フィッティング



リアバンク右の上にブローバイホースがあります。ガソリンタンク・バッテリーケースを外し、ブローバイホースをカットします。カットした部分にT-REVを装着し外した部品を組んで完成です。



V-MAX


上からです。




V-MAX


横から見えます☆

エンジンはV4で4気筒ですがブローバイガスの排出圧が強い為、シム板は0.07mmの物を推奨します。

推奨T-REV φ12 0.07mm




エンジンの振動が減りピックアップ・エンジンブレーキ共にスムーズになり、T-REVとの相性が良いマシンです。

是非、お試しください。




大阪モーターショー

Category:【スタッフ日記
2012-01-24 14:30
Edit By:テラモト
先週末、大阪モーターショーに行ってきました☆

1



2



なかでも、今年の夏に発売予定のキャラバンを


3





初めて見たのですが、リヤのシートアレンジなど

4







これは良いなぁ なんて思いました







あと、自衛隊の装甲車などが

5







展示してあったのですが






リヤのコーションプレートを見ると


6





なんと、製作会社のコマツの表記にビックリしました






コマツと言えば、重機の会社のイメージがあるのですが






装甲車も作ってるんだと、関心しましたよ






あと、個人的にはやはり「86」などが


7





興味ありました






手ごろな価格で発売予定で






なんと、FRですもんね♪





一度乗ってみたいもんです






お店に帰ってから





86のパンプレットを見ながら

8


8



弟と大西君の会話で





弟「大西、これどこか判るか?」




大西「これは岡山ですやん!」





その即答に私はビックリ





ちょっと見ただけで





彼らレーサーは判るそうです☆


9




このコーナーは、岡山のどこどこのコーナーでって





走行した人にしか判らない会話までしておりましたよ






ちなみに、私も岡山サーキットには何度か行った事が






ありますが、全然判りませんでした 笑


商品開発テスト

Category:【T-REV
2012-01-21 13:01
Edit By:TERA
この時期は商品開発に精を出しています。




本日小雨の降る中でもテスト走行を繰り返しております。




ども、寺本幸司です。




只今春の新商品ラインナップに向けて毎日商品開発に忙しくしています。



今回のテスト車両はこれ、





T-REV





マシンはCBR250R




メニューは、




ノーマル仕様とT-REV仕様と強制減圧仕様の比較テスト。




ノーマルからT-REVでもクランクケース内圧は約?2キロほど内圧が下がるんで充分に変化があります。




それをさらに強制的に減圧させると最大で?6キロほど内圧が下がります。




まとめるとクランクケース内圧は、




ノーマル約+0.3キロ




T-REV約?2.1キロ




T-REV強制減圧仕様?6キロ




になります。




てな違いをテストしてみました。




違いは歴然!!




ノーマルでは単気筒特有の振動が気になったのと、アクセルON,OFFのギクシャク感や高回転域の回り込みのダルさが感じ取れました。




T-REVを取り付けるとまず一番感じたのはエンジン振動が凄く減りました。



あとアクセルON,OFFのギクシャク感が軽減され、何よりも高回転域の回り込みがスムーズで速くなりました。




ゼロ加速で3速引っ張りポイントを決めたテストで5キロ速くなってました。




さらに強制減圧仕様は驚く変化が感じ取れましたね。




まずカラ吹かしのレーシングでエンジンピックアップがまるでレーサーのエンジンのように軽くなります。




走り出すとさらにエンジンの振動が減り、6000回転からレブリミットが当たる10500回転まで一気に回ります。




ボーッとしてたらすぐに「バババッ」ってレブに当たってしまうくらい。




ゼロ加速テストでもさらにスピードUPしてノーマルから7キロも速くなりました。




何よりもダルさが無くなりシャキッとして乗るのが楽しくなります。




これは是非ともキット化したいので春にはリリースする予定です♪




T-REV強制減圧システムは車種別で順次リリースして行く予定なのでお楽しみに☆




TERA


Copyright(C) TERAMOTO CO.,LTD. All Rights Reserved.